フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 投資連鎖価値循環論 | トップページ | 株式市場の先見性 »

2013年10月30日 (水)

適時開示

3月決算会社にとっての第二四半期決算の発表が、11月の中旬頃までか続きます。
株価は需給関係によって決まるわけです。
ある時は、経営上の好材料の出現、仕手株取引等々需給に影響を及ぼす事柄がありますが、一番影響が大きいのは「企業利益」であるが、なかでも経常利益の趨勢は注意深く見ておく必要があります。
よく巷では・・・「企業の財務状態など関係ない!チャートだけをみればいい!」という人たちがいますが、チャートは投資家の心理を反映したものですから、その根源になるものは、やはり「利益」です。
適時開示でまずは財務状態の確認からはじめましょう!
そのためには・・・・経営分析も必要です。
投資に王道はありません!

« 投資連鎖価値循環論 | トップページ | 株式市場の先見性 »

マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974740/53768955

この記事へのトラックバック一覧です: 適時開示:

« 投資連鎖価値循環論 | トップページ | 株式市場の先見性 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

投資連鎖価値循環論(HP)