フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 経営者の姿勢 | トップページ | 森を見ながら木を見る »

2013年11月12日 (火)

経営者の姿勢続編

富久娘酒造が醸造アルコールを混入した日本酒を「純米酒」と虚偽表示否不当、偽装を行っていた。一升瓶にして25万本程度というから、会社の一部の人たちがやったことだなどと言う言い訳は通用しない。
「儲け」という字は「信者」を表している。こんなことをして富久娘の信者が増えるとでもおもっているのか!・・・・・本当に情けない!
正当な事業で利益を出して、配当、将来の成長のための設備投資にかかわる内部留保、そして相応の利益に対する税金の納付等がおこなわれるのが、企業というものである。
こんなことをして出した利益から生れ出るものは「砂上の楼閣」でしかない、

« 経営者の姿勢 | トップページ | 森を見ながら木を見る »

マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974740/53910858

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者の姿勢続編:

« 経営者の姿勢 | トップページ | 森を見ながら木を見る »