フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 1月31日 騰落他指数 | トップページ | 2月3日 騰落他指数 »

2014年2月 3日 (月)

市場心理の交差

本日の日経平均株価終値は14,615.05円、前日比▲295.40円となり、3日続落となりました。
市場では、そろそろ反発かとか信用取引における追証などの影響でまだ下値模索かなど
「欲と不安」の市場心理が交錯している状況だと言えます。

しかし、大事なことに注目してほしいのです。
今回の下げで、日経平均PERが15倍を割り込んできたという事実です。
昨年の過熱相場で17倍超えも一時ありましたが、概ね16倍が平均的な値だとした場合、
明らかに今の相場は「反応しすぎ」です。

好業績でありながら、続落が何度も続く銘柄が多数見受けられます。
このような銘柄をPER、PBR、ROEなどの諸財務指標をじっくり検証する時です。

何度も言いますが、日本株の長期基調は、決して悪くはないと思います。

« 1月31日 騰落他指数 | トップページ | 2月3日 騰落他指数 »

マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974740/54849229

この記事へのトラックバック一覧です: 市場心理の交差:

« 1月31日 騰落他指数 | トップページ | 2月3日 騰落他指数 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

投資連鎖価値循環論(HP)