フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

3月28日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,696.03円  前日比+73.14円

☆25日間正味増減額+246.85

●騰落銘柄数 
値上り  1,386
値下がり  320

●騰落レシオ
103.9%(前日比+11.35P)

●RSI
36.9%
この値幅では値は下がっています。騰落レシオは上昇。

●出来高
219,266万株(25日移動平均221,232万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率-0.89%(前日比-11.90P)。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,538.9円 ( 当日株価との乖離率+1.1%  )

②10日移動平均線 
14,439.8円 ( 当日株価との乖離率+1.8%  )

③25日移動平均線 
14,742.4円 ( 当日株価との乖離率-0.3%  )
※25Ma前日比プラスとなりました。

2014年3月28日 (金)

配当権利落ち埋める

昨日は配当権利落ち(100円程度)を埋めて、さらに上昇して終了しました。
日足で見れば「陽線包み足」となり、上値抵抗線となっていた200Maも上回り
ましたので、セオリーからみれば「目先底入れ」シグナルということになります。
しかし25Maが下降中であり、上値抵抗線となっているので、安値圏のもち合いを明確
に上放れたとは言えない状況と言えます。

当面の上値は13日と14日に空けたマド下限値(14,790.48円)がメドになると思われます。

3月27日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,622.89円  前日比+145.73円

☆25日間正味増減額-143.64

●騰落銘柄数 
値上り    920
値下がり  756

●騰落レシオ
92.55%(前日比+3.35P)

●RSI
38.7%

●出来高
258,397万株(25日移動平均222,733万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+16.01%(前日比+5.66P)。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,444.6円 ( 当日株価との乖離率+1.2%  )

②10日移動平均線 
14,451.8円 ( 当日株価との乖離率+1.2%  )

③25日移動平均線 
14,732.5円 ( 当日株価との乖離率-0.7%  )
※25Maのみ前日比マイナスです。当面の抵抗ライン。

2014年3月27日 (木)

3月26日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,477.16円  前日比+53.97円

☆25日間正味増減額-366.08

●騰落銘柄数 
値上り   1,080
値下がり   606
※今日も値上り銘柄数は1000を超えました。

●騰落レシオ
89.20%(前日比 -4.25P)

●RSI
41.1%

●出来高
244,427万株(25日移動平均221,507万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+10.35%(前日比-8.9P)。

●サイコロジカルライン
41.67%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,412.5円 ( 当日株価との乖離率+0.4%  )

②25日移動平均線 
14,738.2円 ( 当日株価との乖離率-1.8%  )

2014年3月26日 (水)

3月25日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,423.19円  前日比-52.11

☆25日間正味増減額+30.08

●騰落銘柄数 
値上り   1,073
値下がり   655
※今日も値上り銘柄数は1000を超えました。結局この25日間では株価はほとんど変わっていません。

●騰落レシオ
93.43%

●RSI
44.0%

●出来高
266,423万株(25日移動平均223,429万株)。
※少しづつですが、出来高が増加して来ました。
☆25日出来高移動平均との乖離率+19.243(前日比-12.29P)。

●サイコロジカルライン
41.67%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,399.3円 ( 当日株価との乖離率+0.2%  )

②25日移動平均線 
14,752.9円 ( 当日株価との乖離率-2.2%  )

2014年3月25日 (火)

日経平均EPSが素直に反映されていない

昨日現在の日経平均EPSは1,026.61円である(PERは14.10倍)。企業業績を反映し昨年より確実にその値を切り上げています。
●日経平均株価の目安(単純計算として・・・)
市場平均PER16倍として・・・・16,425.76円
市場平均PER15倍として・・・・15,399.15円
この値がつい最近までは一つの目安でした。

今年2月24日の騰落状況は値上り752銘柄 値下がり891銘柄でした。次の日から株価が上がっても、下がっても騰落銘柄数はどちらかが1000を超えています。この20日間の勝敗は9勝11敗、株価は400円程度の下落です。繰り返しています。これで喜ぶのは「ヘッジファンド」くらいでしょう。

この一か月間もEPSは上昇していますが、株価は逆に下げています。
ひとつの仮定としてみれば、「あるべき株価」は上記のとおりです。1000円は低い状況と言えます。消費税増税の影響、ウクライナ情勢、為替、FRBの量的緩和の方向性等々ありますが、この事実をじっくりと検証していきたい。

もっとも「次の矢」が見えて来ないのも事実です。市場はアベノミクスの次なる政策を催促しているのかもしれません。

ちなみに日経平均BPSも11,049.84円となっています。みなさんはこの事実をどうみますか?

3月24日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,475.30円  前日比+251.07円

☆25日間正味増減額+162.27

●騰落銘柄数 
値上り   1,476
値下がり   293

●騰落レシオ
95.98%

●RSI
46.5%

●出来高
291,579万株(25日移動平均221,678万株)。
※25日移動平均が昨日に引き続き前日比上昇です。
☆25日出来高移動平均との乖離率+31.53(前日比+22.41P)。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,370.2円 ( 当日株価との乖離率+0.7%  )

②25日移動平均線 
14,751.7円 ( 当日株価との乖離率-1.9%  )

※両移動平均線とも前日比プラスです。上昇転換かどうかは今日以降の状況次第です。

2014年3月24日 (月)

3月20日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,224.23円  前日比-238.29

☆25日間正味増減額-310.51

●騰落銘柄数 
値上り      176
値下がり 1,578

●騰落レシオ
85.33%

●RSI
37.4%

●出来高
241,813万株(25日移動平均221,604万株)。
※25日移動平均が前日比上昇です。
☆25日出来高移動平均との乖離率+9.12(前日比+6.16P)。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,340.7円 ( 当日株価との乖離率-0.8%  )

②25日移動平均線 
14,745.2円 ( 当日株価との乖離率-3.5%  )

2014年3月20日 (木)

3月19日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,462.52円  前日比+51.25円

☆25日間正味増減額-337.54

●騰落銘柄数 
値上り      571
値下がり 1,082
※この騰落状況を見れば、実質的にはマイナスの状況であったと言える。

●騰落レシオ
86.08%
※前日比▲6.66Pである。

●RSI
39.9%

●出来高
227,712万株(25日移動平均221,162万株)。
※実質的に久しぶりに25日移動平均を上回りました。
☆25日出来高移動平均との乖離率+2.96(前日比+25.34P)。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,532.6円 ( 当日株価との乖離率-0.8%  )

②25日移動平均線 
14,771.1円 ( 当日株価との乖離率-2.4%  )
※3本の移動平均線が下向きとなっています。
 

2014年3月19日 (水)

3月18日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,411.27円  前日比+133.60円

☆25日間正味増減額-307.07円

●騰落銘柄数 
値上り   1,582
値下がり   155

●騰落レシオ
92.74%

●RSI
37.7%

●出来高
171,862万株(25日移動平均221,421万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率 -22.38(前日比-11.73P)。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,532.6円 ( 当日株価との乖離率-0.8%  )

②25日移動平均線 
14,771.1円 ( 当日株価との乖離率-2.4%  )
※3本の移動平均線が下向きとなっています。
 

 

2014年3月18日 (火)

3月17日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,277.67円  前日比-49.99円

☆25日間正味増減額-184.74円

●騰落銘柄数 
値上り    213
値下がり 1,511

●騰落レシオ
91.33%

●RSI
32.6%

●出来高
199,496万株(25日移動平均223,270万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率 -10.65(前日比-57.40P)。

●サイコロジカルライン
41.7%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,695.2円 ( 当日株価との乖離率-2.8%  )

②25日移動平均線 
14,783.4円 ( 当日株価との乖離率-3.4%  )
 

2014年3月15日 (土)

NYが咳をして、風邪をひく東京市場の中で木を見る

昨日の値上がり銘柄数は33銘柄である。「全面安」というよりも、「全部安」という表現の方がぴったりである。本来は値下がりしなくてもよいよう銘柄までも「つれ安」しています。

日経平均は3日前も大幅安である。でも、NYが下落すると、やはり「つれ安」となり「下落」である。しかも、その下落率はおおよそ2倍である。いつも思うが、「過剰反応」としか言いようがありません!まさに「NYが咳をしただけで、日本の市場は風邪をひく」ような状態です。このことは20年以上前から言われていたことですが・・・

以前も書きましたが(もう何回目の以前も・・・だろう・・・)、「森を見ながら木を見る」。今も素晴らしい木々(個別銘柄)が沢山あります。

この5日間で1000円近く下落しています。月曜日も上昇は望めないでしょう。このような時こそ「安い仕入値」で買える絶好のチャンスと考えるべきです。

皆が弱気です。でも相場格言を思い出してみてください。「
人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」・・・なんです。

今が「底」であるかどうかは誰にもわかりません。移動平均線も下落基調であり、全体的にはまだ低迷は続くと思われます。個別銘柄の「上昇シグナル」等の指標確認を自分なりにじっくりおこなって、確信したならば、「ロスカットルール」を念頭におきながら、「果敢なく」行動に移すべき時ではないでしょうか。

そのような面からみれば、大幅下落の時こそ「絶好のチャンス到来」と言えるでしょう。

3月14日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,327.66円  前日比-488.3円

☆25日間正味増減額+172.54円
※月曜日はこの値が必ずマイナスになるでしょう。

●騰落銘柄数 
値上り      33
値下がり 1,749

●騰落レシオ
103.89%

●RSI
48.7%

●出来高
331,749万株(25日移動平均226,061万株)。
★信用取引解消も含まれています。
☆25日出来高移動平均との乖離率 +46.75(前日比+70.83P)。
※25日移動平均出来高に対して17日連続マイナスで終わりました。


●サイコロジカルライン
41.7%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,863.7円 ( 当日株価との乖離率-3.6%  )

②25日移動平均線 
14,790.8円 ( 当日株価との乖離率-3.1%  )
 

2014年3月14日 (金)

3月13日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,815.98円  前日比-14.41円

☆25日間正味増減額+635.60円

●騰落銘柄数 
値上り    733
値下がり   896

●騰落レシオ
115.65%

●RSI
48.7%

●出来高
169,824万株(25日移動平均223,671万株)。
★今年最低の出来高水準です。
☆25日出来高移動平均との乖離率 -24.07(前日比-11.19P)。
※25日移動平均出来高に対して17日連続マイナスです。


●サイコロジカルライン
41.7%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,052.9円 ( 当日株価との乖離率-1.6%  )

②25日移動平均線 
14,783.57円 ( 当日株価との乖離率+0.2)%
※ここには記載していませんが、75Maも僅かながら前日比マイナス(-4.14)となりました。
出直りまでは少し時間が必要かましれません。

2014年3月13日 (木)

3月12日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,830.39円  前日比-393.72円
※出来高が低調な中での先物の動きの影響です。
☆25日間正味増減額+821.92円

●騰落銘柄数 
値上り     79
値下がり 1,667

●騰落レシオ
123.22%
※指標上はまだ「要調整」シグナルです。

●RSI
58.2%

●出来高
202,048万株(25日移動平均231,923万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -12.88(前日比+11.78P)。
※25日移動平均出来高に対して16日連続マイナスです。


●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,116.7円 ( 当日株価との乖離率-1.9%  )
※前日比マイナスとなりました。

②25日移動平均線 
14,758.4円 ( 当日株価との乖離率+0.5)%

2014年3月12日 (水)

3月11日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,224.11円  前日比+103.97円

☆25日間正味増減額+604.98円

●騰落銘柄数 
値上り   1,144
値下がり   492

●騰落レシオ
122.25%
※上昇の実感がないなかでも、指標上は「要調整」シグナルです。

●RSI
60.1%

●出来高
181,390万株(25日移動平均240,774万株)
※昨日昨年10月21日の175,093万株以来の値となりましたが、さらに更新です。
今週末の「メジャーSQ」の影響もあるでしょうが・・・・・・
☆25日出来高移動平均との乖離率 -24.64(前日比-1.23P)。
※25日移動平均出来高に対して15日連続マイナスです。


●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,029.6円 ( 当日株価との乖離率+0.6%  )

②25日移動平均線 
14,701.4円 ( 当日株価との乖離率+2.8)%

2014年3月11日 (火)

3月10日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,120.14円  前日比-153.93円

☆25日間正味増減額+205.61円

●騰落銘柄数 
値上り     550
値下がり 1,089

●騰落レシオ
110.70%

●RSI
56.2%

●出来高
187,737万株(25日移動平均245,201万株)
※この出来高の低さは昨年10月21日の175,093万株以来の値です。
☆25日出来高移動平均との乖離率 -23.44%(前日比-6.4P)。
※25日移動平均出来高に対して14日連続マイナスです。


●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,029.6円 ( 当日株価との乖離率+0.6%  )

②25日移動平均線 
14,701.4円 ( 当日株価との乖離率+2.8)%

2014年3月 8日 (土)

出来高の減少と絶好な市場環境

「騰落他指数」のなかでも取り上げていますが、出来高が低調な状態が続いています。
これは外国人投資家の様子見姿勢が大きく影響していると思われます。
このことは個人投資家にとって絶好の環境と言えるのではないでしょうか。

今年に入ってからの相場を私は「跛行的」と言っていますが、外国人の大量の売買による株価の大きな変動が、この要因の一つとしてあげられます。

この「外国人投資家の様子見」は、本来の市場の「自然さ」が如何なく発揮される環境と言えるのではないでしょうか。
企業業績は堅調です。配当利回りをみても2%超の銘柄が沢山あります。
相場が力で動かされない今だからこそ、有利な値段で下値を買うことが できると思います。

NISAを積極的に活用する時です。目先の株価を追い続けるよりも、「配当期待」「株主優待」なども考慮に入れた「投資スタンス」も必要です。

3月7日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,274.07円  前日比+139.32円

☆25日間正味増減額 +267.01円

●騰落銘柄数 
値上り  1,270
値下がり  373

●騰落レシオ
112.20%

●RSI
67.5%

●出来高
207,420万株(25日移動平均250,015万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -17.04%(前日比-5.48P)。
※25日移動平均出来高に対して13日連続マイナスです。
※1/31と比較すると▲100,664万株です。

●サイコロジカルライン
50.0%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,936円 ( 当日株価との乖離率+2.3%  )

②25日移動平均線 
14,693.1円 ( 当日株価との乖離率+4.0)%
両移動平均線とも前日比プラスに転じました。

2014年3月 7日 (金)

3月6日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,134.75円  前日比+237.12円

☆25日間正味増減額 -249.16

●騰落銘柄数 
値上り  1,192
値下がり  433

●騰落レシオ
98.49%

●RSI
66.7%

●出来高
224,532万株(25日移動平均253,883万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -11.56%(前日比+10.21P)。
※25日移動平均出来高に対して12日連続マイナスです。
最低でも25億株台の出来高にならなければ、トレンドは変わらない。

●サイコロジカルライン
33.3%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,849.4円 ( 当日株価との乖離率+1.9%  )

②25日移動平均線 
14,682.5円 ( 当日株価との乖離率+3.1)%

2014年3月 6日 (木)

3月5日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,897.63円  前日比+176.15円

☆25日間正味増減額 -82.53

●騰落銘柄数 
値上り  1,110
値下がり  516

●騰落レシオ
102.78%

●RSI
57.4%

●出来高
198,980万株(25日移動平均254,356万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -21.77%(前日比+3.15P)。
※25日移動平均出来高に対して11日連続マイナスです。
最低でも25億株台の出来高にならなければ、トレンドは変わらない。

●サイコロジカルライン
33.3%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,807.1円 ( 当日株価との乖離率+0.6%  )

②25日移動平均線 
14,692.4円 ( 当日株価との乖離率+1.4)%
※25日移動平均線の下落幅が緩やかになってきました。

2014年3月 5日 (水)

3月4日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,721.48  前日比+69.25円

☆25日間正味増減額 -284.25

●騰落銘柄数 
値上り  1,310
値下がり  377

●騰落レシオ
98.5%

●RSI
48.5%

●出来高
193,200万株(25日移動平均257,325万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -24.92%(前日比-7.97P)。

●サイコロジカルライン
33.3%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,821.8円 ( 当日株価との乖離率-0.7%  )

②25日移動平均線 
14,695.7円 ( 当日株価との乖離率+0.2)%
※両移動平均線とも下落基調になっています。

2014年3月 4日 (火)

今度はウクライナ情勢・・・・・

よくこれだけ次から次へと不安要素が出てくるものです。
確かに・・・・回り廻れば、日本の経済に影響を与えるのかもしれません。
「安全通貨へのシフト」・・・だから「円高」、そして株安。そして、それに振り回される・・・
こんなことが続いています。

「円安」が株式市場にブラス、「円高」は株式市場にマイナスという短絡的な見方でよいのでしょうか?
事実「円安」により「輸入物価」があがったことにより、貿易収支は悪化しているのも事実です。
反面輸出も恩恵を受けているのも事実です。
この事実を冷静に受け止めて対応するべきです。

今回の「ウクライナ情勢の緊迫」があって株価は不安定になるでしよう。しかし、日本の経済への「不安要素」とは言えないと思います。

最近発表された製造業指数等の指標からも、業績は改善傾向にあります。
問題は今後経済活性化のためのより具体的な政策が用意されているかです。
このことは注視していかなければいけません。

現状での個別株価を見ている限り、十分下げた優良銘柄が数多くあります。
商売の原点である「安く仕入れ、高く売る」を念頭に置きながら、マーケットを見ていきたい!

3月3日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,652.23円  前日比-188.84円

☆25日間正味増減額 -739.33

●騰落銘柄数 
値上り      361
値下がり  1,351

●騰落レシオ
87.04%

●RSI
48.7%

●出来高
218,132万株(25日移動平均262,656万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -16.95%(前日比-4.28P)。

●サイコロジカルライン
33.3%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,887.8円 ( 当日株価との乖離率-1.6%  )

②25日移動平均線 
14,707.1円 ( 当日株価との乖離率-0.4)%
※両移動平均線とも下落基調になっています。

2014年3月 1日 (土)

2月28日 騰落他指数

●日経平均株価終値
14,841.07円  前日比-82.04円

☆25日間正味増減額 -854.82 

●騰落銘柄数 
値上り      487
値下がり  1,174

●騰落レシオ
84.96%

●RSI
57.2%

●出来高
232,834万株(25日移動平均266,631万株)
☆25日出来高移動平均との乖離率 -12.68%(前日比+3.7)。

●サイコロジカルライン
33.3%

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
14,924.9円 ( 当日株価との乖離率-0.6%  )

②25日移動平均線 
14,736.7円 ( 当日株価との乖離率+0.7)%

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

投資連鎖価値循環論(HP)