フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 4月9日 騰落他指数 | トップページ | 4月10日 騰落他指数 »

2014年4月10日 (木)

市場環境を考える

昨日のNYダウの大幅上昇にもかかわらず、東京市場は色々な理由をつけて軟調な展開となっている。(4月10日 午後現在の状況による)

下記の事柄を勘案すると、このような環境でも、投資は前向きに考えられるでしょう。

①2月経常収支の改善
財務省が8日発表した2月の経常収支は6127億円の黒字だった。黒字は5カ月ぶり。輸出改善で貿易収支の赤字幅が縮小し、海外投資からの配当などの所得収支が増えたことによるものである。このことにより13年度全体では経常収支の黒字が確保できる可能性が高くなったと言えます。

②日経平均予想EPSの上昇。
昨日現在のEPSは1,027円であり、過去最高の数値である。午後2時現在の株価でみるPERは13.91倍であり、今年最低である。

③体力に見合った株価は平均PERを15~16倍とした場合、下記のごとくである。
15,409円~16,436円

※チャート面では、下値は切り上がりつつあるが、上値の切り上がりがまだ確認されていない状況です。当面200日移動平均線を超えることがポイントとなるでしょう。

いずれにしろ、現在が絶好の仕込み場と言えます。

« 4月9日 騰落他指数 | トップページ | 4月10日 騰落他指数 »

マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974740/55721719

この記事へのトラックバック一覧です: 市場環境を考える:

« 4月9日 騰落他指数 | トップページ | 4月10日 騰落他指数 »