フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 2月26日 騰落他指数 | トップページ | 2月29日 重要指標発表予定 »

2016年2月26日 (金)

歴史に学ぶ

日経平均株価は一時の「不安」から「安堵の状態」となってきているが、いまだ大きな転換の兆しは見えていません。
本日もかろうじてプラスは維持したものの、中期的な流れは「上値切り下がり、下値切り下がり」であり、下落基調の転換への変化はまだ見られていないのが、現状と言えます。

75Maは下落継続で「上値抵抗線」となっており、マイナス乖離状態は「38日連続」となっています。
これを直近のデータで見ると、昨年の8月19日から11月4日まで「52日間」続いた記録以来の数値です。

過去データから見た場合、あと14日は続くとすれば、3月半ば頃までは一進一退の状況が続くとの前提で、上昇したら新規購入ではなく、「売り」のスタンスで臨むことがベターかもしれません。

« 2月26日 騰落他指数 | トップページ | 2月29日 重要指標発表予定 »

マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974740/64155270

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に学ぶ:

« 2月26日 騰落他指数 | トップページ | 2月29日 重要指標発表予定 »