フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

黒田マイナス サブライズ

株式市場は「追加緩和」をある程度織り込んで昨日まではきていました。しかし、「現状維持」の決定となりましたので、失望売りに大幅下落しました。
熊本地震もあり、政府による政策の総動員も必要ななかで、日銀の追加緩和も当然と思っていましたが・・・・・

消費者物価指数が前年比マイナス0.3%となりましたが、、「ゼロ回答」ということは、物価目標2%についてはもうあきらめたのかもしれませんね。

4月28日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,666.05円  前日比-622.44円

☆25D正味増減-226.28円

●騰落銘柄数
・値上がり数
228

・値下がり数
1,681

騰落レシオ
96.19% 前日比(-3.33P)

●RSI
60.4% 前日比(-11.5P)

●出来高状況
315,932万株(25日移動平均219,887万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+43.7%【前日比+48.9P)】

●サイコロジカルライン
50.0%(6勝6敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
17,264.3円 ( 当日株価との乖離率-3.5%  )  前日比-139.5円

④25日移動平均線
16,629.9円 ( 当日株価との乖離率+0.2%  )   前日比-7.4円

⑤75日移動平均線 
16,674.6円 ( 当日株価との乖離率-0.1%  )   前日比7.4円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 27日  購入額            345億円
✤ 4月 26日  購入額            345億円
✤ 4月 25日  購入額            345億円
✤ 4月 22日  購入額              12億円
✤ 4月 21日  購入額              12億円
✤ 4月 20日  購入額              12億円
✤ 4月 19日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             3,216億円
4月までの購入累計額      9,713億円

✤買付枠未消化残
          23,287億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月28日 重要指標発表予定

8:30      日本    全国消費者物価指数[除食料エネ](前年比)-3月
8:30      日本    消費者物価指数[東京都区部](前年比)-4月
8:30      日本    家計調査消費支出(前年比)-3月
8:30      日本    全国消費者物価指数[除生鮮食品](前年比)-3月
8:30      日本    失業率-3月
8:30      日本    有効求人倍率-3月
8:30      日本    全国消費者物価指数(前年比)-3月
8:50      日本    百貨店・スーパー販売額-3月
8:50      日本    鉱工業生産(前年比)-3月
8:50      日本    小売業販売額(前年比)-3月
8:50      日本    鉱工業生産(前月比)-3月
13:00      日本    自動車生産(前年比)-3月
14:00      日本    建設工事受注(前年比)-3月
14:00      日本    住宅着工戸数[年率]-3月
14:00      日本    住宅着工戸数(前年比)-3月
16:55      ドイツ 失業率-4月
18:00      欧州    鉱工業信頼感-4月
18:00      欧州    消費者信頼感-4月
18:00      欧州    業況判断指数-4月
18:00      欧州    経済信頼感-4月
18:00      欧州    サービス業信頼感-4月
21:00      ドイツ 消費者物価指数(前年比)-4月
21:30      米国    個人消費(前期比)-1Q
21:30      米国    コアPCE(前期比)-1Q
21:30      米国    GDP(前期比年率)-1Q
21:30      米国    失業保険継続受給者数-4/16
21:30      米国    GDP価格指数(前期比)-1Q
21:30      米国    新規失業保険申請件数-4/23
時間      日本    日銀金融政策決定会合[結果公表]
未定       
時間      日本    日銀マクロ加算残高適用レート-4/28
未定       
時間      日本    日銀基礎残高適用レート-4/28
未定       
時間      日本    日銀政策金利適用レート-4/28
未定       

2016年4月27日 (水)

4月27日 騰落他指数

●日経平均株価終値
17,290.49円  前日比-62.79円

☆25D正味増減+289.51円

●騰落銘柄数
・値上がり数
840

・値下がり数
978

騰落レシオ
99.53% 前日比(+0.82P)

●RSI
71.9% 前日比(-1.6P)

●出来高状況
204,047万株(25日移動平均215,254万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率-5.2%【前日比-9.2P)】

●サイコロジカルライン
58.3%(7勝5敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
17,403.8円 ( 当日株価との乖離率-0.7%  )  前日比+76.8円

④25日移動平均線
16,639.0円 ( 当日株価との乖離率+3.9%  )   前日比+11.6円

⑤75日移動平均線 
16,681.9円 ( 当日株価との乖離率+3.6%  )   前日比-5.4円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 26日  購入額            345億円
✤ 4月 25日  購入額            345億円
✤ 4月 22日  購入額              12億円
✤ 4月 21日  購入額              12億円
✤ 4月 20日  購入額              12億円
✤ 4月 19日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,871億円
4月までの購入累計額      9,368億円

✤買付枠未消化残
          23,632億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月27日 重要指標発表予定

13:30      日本    全産業活動指数(前月比)-2月
14:00      日本    中小企業景況判断[商工中金]-4月
15:00      ドイツ 輸入物価指数(前月比)-3月
15:00      ドイツ GFK消費者信頼感調査-5月
15:00      ドイツ 輸入物価指数(前年比)-3月
17:00      欧州    マネーサプライM3(前年比)-3月
17:30      英国    GDP(前年比)-1Q
17:30      英国    GDP(前期比)-1Q
20:00      米国    MBA住宅ローン申請指数(前週比)-4/22
23:00      米国    中古住宅販売成約(前月比)-3月
23:00      米国    中古住宅販売成約(前年比)-3月
3:00      米国    FOMC政策金利[下限]-4/27
3:00      米国    FOMC政策金利[上限]-4/27

2016年4月26日 (火)

4月26日 騰落他指数

●日経平均株価終値
17,353.28円  前日比-86.02円

☆25D正味増減+304.73円

●騰落銘柄数
・値上がり数
417

・値下がり数
1,424

騰落レシオ
98.70% 前日比(-11.59P)

●RSI
73.5% 前日比(-1.5P)

●出来高状況
222,042万株(25日移動平均213,501万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+4.0%【前日比-6.5P)】

●サイコロジカルライン
58.3%(7勝5敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
17,327.0円 ( 当日株価との乖離率+0.2%  )  前日比+95.8円

④25日移動平均線
16,627.4円 ( 当日株価との乖離率+4.4%  )   前日比+12.2円

⑤75日移動平均線 
16,687.4円 ( 当日株価との乖離率+4.0%  )   前日比-5.5円

4月25日時点における市場指標

【4月25日時点における指標】

◉日経平均株価   17,439.30円(前回と比較して+591.27円)

◉日経平均予想EPS  1,097.50円 (前回と比較して-5.84円)

◉日経平均予想BPS  15,033.87円  

◉日経平均予想PER   15.89倍

◉日経平均予想PBR    1.16倍

◉ROE         7.30%  

❒PERより見る目標株価

★PER15.5倍の場合 17,011.25円

★PER16.5倍の場合 18,108.75円

《参考》

【4月15日時点における指標】

◉日経平均株価   16,848.03円(前回と比較して+678.57円)

◉日経平均予想EPS  1,103.34円 (前回と比較して-16.06円)

◉日経平均予想BPS  14,909.76円  

◉日経平均予想PER   15.27倍

◉日経平均予想PBR    1.13倍

◉ROE         7.40%  

❒PERより見る目標株価

★PER15.5倍の場合 17,101.7円

★PER16.5倍の場合 18,205.11円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 25日  購入額            345億円
✤ 4月 22日  購入額              12億円
✤ 4月 21日  購入額              12億円
✤ 4月 20日  購入額              12億円
✤ 4月 19日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,526億円
4月までの購入累計額      9,023億円

✤買付枠未消化残
          23,977億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月26日 重要指標発表予定

8:00      韓国    GDP(前年比)-1Q
8:00      韓国    GDP(季調済/前期比)-1Q
21:30      米国    耐久財受注[除輸送用機器](前月比)-3月
21:30      米国    耐久財受注(前月比)-3月
22:00      米国    S&P/ケース・シラー[総合20](前年比)-2月
22:00      米国    S&P/ケース・シラー[総合20](前月比)-2月
22:00      米国    S&P/ケース・シラー[総合20]-2月
22:45      米国    総合PMI-4月
22:45      米国    非製造業PMI-4月
23:00      米国    リッチモンド連銀製造業指数-4月
23:00      米国    消費者信頼感指数-4月

2016年4月25日 (月)

4月25日 騰落他指数

●日経平均株価終値
17,439.30円  前日比-133.19円

☆25D正味増減+714.49円

●騰落銘柄数
・値上がり数
704

・値下がり数
1,097

騰落レシオ
110.29% 前日比(+1.59P)

●RSI
75.0% 前日比(+5.2P)

●出来高状況
234,987万株(25日移動平均212,675万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+10.5%【前日比-31.2P)】

●サイコロジカルライン
66.7%(8勝4敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
17,231.3円 ( 当日株価との乖離率+1.2%  )  前日比+232.7円

④25日移動平均線
16,615.2円 ( 当日株価との乖離率+5.0%  )   前日比+28.6円

⑤75日移動平均線 
16,192.9円 ( 当日株価との乖離率+4.5%  )   前日比-10.0円

空売り比率状況(4月22日時点)

【4月22日時点】

●注文合計3,631,662百万円

実注文 
2,386,583百万円 65.7%
----------------------
空売り(価格規制あり)
1,082,695百万円  29.8%

空売り(価格規制なし)
162,384百万円 4.5%
空売り合計1,245,079百万円 34.3%   
※30%台。
-----------------------------------

【前回の状況】

●注文合計 2,668,985百万円

実注文 
1,664,980百万円 62.4%
----------------------
空売り(価格規制あり)
877,218百万円  32.9%

空売り(価格規制なし)
126,787百万円 4.8%
空売り合計1,004,005百万円 37.6%   
※30%台へ。
-----------------------------------

一般的に、「空売り比率」が30%台に乗せてくれば相場はボトムアウト、逆に20%を下回り、18~19%程度になるとピークアウトを示唆するとみられています。

空売りは将来必ず買い戻す必要があります。また、制度信用取引なら6カ月以内という期限付きです。このため、「空売り比率」が大きいということは、今後、ショートカバー(空売りの買戻し)が入りやすく相場が上昇し易いということを意味しています。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 22日  購入額              12億円
✤ 4月 21日  購入額              12億円
✤ 4月 20日  購入額              12億円
✤ 4月 19日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,181億円
4月までの購入累計額      8,678億円

✤買付枠未消化残
          24,322億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月25日 重要指標発表予定

8:50      日本    企業向けサービス価格指数(前年比)-3月
14:00      日本    景気一致CI指数-2月
14:00      日本    景気先行CI指数-2月
17:00      ドイツ IFO[期待値]-4月
17:00      ドイツ IFO[現況評価値]-4月
17:00      ドイツ IFO[景気動向]-4月
19:00      英国    CBI企業動向調査[総受注]-4月
23:00      米国    新築住宅販売件数-3月
23:00      米国    新築住宅販売件数(前月比)-3月

2016年4月22日 (金)

4月22日 騰落他指数

●日経平均株価終値
17,572.49円  前日比+208.87円

☆25D正味増減+636.11円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,175

・値下がり数
637

騰落レシオ
108.70% 前日比(+2.68P)

●RSI
69.7% 前日比(+2.7P)

●出来高状況
301,111万株(25日移動平均212,459万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+41.7%【前日比+42.5P)】

●サイコロジカルライン
75.0%(9勝3敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,998.6円 ( 当日株価との乖離率+3.4%  )  前日比+144.9円

④25日移動平均線
16,586.6円 ( 当日株価との乖離率+5.9%  )   前日比+25.4円

⑤75日移動平均線 
16,702.9円 ( 当日株価との乖離率+5.2%  )   前日比-10.7円

二番底確認の動き

株価は堅調な動きです。
昨日の引け値で見ても、3月配当権利落ち分を埋め、3月高値も抜いてきました。
テクニカル的には「二番底」を確認する動きと言えます。

今年の初めから外国人投資家の「売り越し」が続き、13週連続となりましたが、
4月第一週から「買い越し」に転じ、今週もそれが継続となりました。
決して積極的な買いではなく、「売りが止まった」といった段階で、弱気一辺倒でもない
状況になった言えるでしょう。

このような状況ですが、過熱感も出始めているので、警戒しながらの取引が必要です。

今後は2月高値の17,905.37円が当面のターゲットとなります。

投資主体別売買動向 直近週

直近週( 4月 第2週) 
⦿全体の状況+199,500
「買い越し」継続)。
※海外投資家は買い越しに転じた!

海外投資家                   +384,891 
生損保                         ▲20,846
銀行                      ▲23,037
信託銀行                     +89,114
その他金融                   ▲5,180
事業法人                      +8,818
その他法人                   +4,762
投信                      +107,549
個人                      ▲346,576
(内信用)                 ( ▲87,037) 
✤①海外投資家は「買い越し」転換。
✤②個人は「買い越し」継続。
✤③信託銀行は「買い越し」転換。
✤④事業法人は「買い越し」継続。

※参考
❒前週⦿全体の状況+273,272「買い越し」継続)。
※海外投資家は買い越しに転じた!

海外投資家                   +32,622  
生損保                         ▲4,020
銀行                     ▲14,734
信託銀行                  +154,198
その他金融                   +5,765
事業法人                   +37,599
その他法人                  +9,354
投信                      +41,367
個人                         +1,081
(内信用)                 ( ▲17,1022) 
✤①海外投資家は「買い越し」転換。
✤②個人は「買い越し」継続。
✤③信託銀行は「買い越し」転換。
✤④事業法人は「買い越し」継続。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 21日  購入額              12億円
✤ 4月 20日  購入額              12億円
✤ 4月 19日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,169億円
4月までの購入累計額      8,666億円

✤買付枠未消化残
          24,334億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月22日 重要指標発表予定

13:30      日本    第三次産業活動指数(前月比)-2月
16:00      フランス 製造業PMI-4月
16:00      フランス 非製造業PMI-4月
16:30      ドイツ 製造業PMI-4月
16:30      ドイツ 非製造業PMI-4月
17:00      欧州    製造業PMI-4月
17:00      欧州    総合PMI-4月
17:00      欧州    非製造業PMI-4月
22:45      米国    製造業PMI-4月

2016年4月21日 (木)

4月21日 騰落他指数

●日経平均株価終値
17,363.62円  前日比+457.08円

☆25D正味増減+389.17円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,753

・値下がり数
149

騰落レシオ
106.02% 前日比(+10.65P)

●RSI
67.1% 前日比(+15.1P)

●出来高状況
208,362万株(25日移動平均209,244万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率-1.4%【前日比-0.7P)】

●サイコロジカルライン
66.7%(8勝4敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,853.7円 ( 当日株価との乖離率+3.0%  )  前日比+90.5円

④25日移動平均線
16,561.2円 ( 当日株価との乖離率+4.8%  )   前日比+15.6円

⑤75日移動平均線 
16,713.6円 ( 当日株価との乖離率+3.9%  )   前日比-14.5円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 20日  購入額              12億円
✤ 4月 19日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,157億円
4月までの購入累計額      8,654億円

✤買付枠未消化残
          24,346億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月21日 重要指標発表予定

14:00      日本    全国スーパー売上高(前年比)-3月
20:45      欧州    欧州中銀 政策金利-4/21
20:45      欧州    欧州中銀 上限政策金利[限界貸出金利]-4/21
20:45      欧州    欧州中銀 下限政策金利[中銀預金金利]-4/21
21:30      米国    新規失業保険申請件数-4/16
21:30      米国    シカゴ連銀全米活動指数-3月
21:30      米国    失業保険継続受給者数-4/9
21:30      米国    フィラデルフィア連銀景況指数-4月
22:00      米国    住宅価格指数(前月比)-2月
23:00      欧州    消費者信頼感-4月
23:00      米国    景気先行指標総合指数(前月比)-3月

2016年4月20日 (水)

4月20日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,906.54円  前日比+32.10円

☆25D正味増減-210.53円

●騰落銘柄数
・値上がり数
834

・値下がり数
993

騰落レシオ
95.36% 前日比(-0.22P)

●RSI
52.0% 前日比(+2.1P)

●出来高状況
208,836万株(25日移動平均208,355万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+0.2%【前日比-0.5P)】

●サイコロジカルライン
58.3%(7勝5敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,763.2円 ( 当日株価との乖離率+0.9%  )  前日比+105.1円

④25日移動平均線
16,545.6円 ( 当日株価との乖離率+2.2%  )   前日比-8.4円

⑤75日移動平均線 
16,728.1円 ( 当日株価との乖離率+1.1%  )   前日比-28.4円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,145億円
4月までの購入累計額      8,642億円

✤買付枠未消化残
          24,358億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月20日 重要指標発表予定

8:50      日本    貿易収支[通関べース]-3月
15:00      日本    工作機械受注(前年比)-3月
15:00      ドイツ 生産者物 価指数(前年比)-3月
15:00      ドイツ 生産者物価指数(前月比)-3月
16:00      日本    コンビニエンスストア売上高(前年比)-3月
20:00      米国    MBA住宅ローン申請指数(前週比)-4/15
23:00      米国    中古住宅販売件数(前月比)-3月
23:00      米国    中古住宅販売件数-3月

2016年4月19日 (火)

4月19日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,874.44円  前日比+598.49円

☆25D正味増減-359.31円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,792

・値下がり数
118

騰落レシオ
95.59% 前日比(+0.62P)

●RSI
49.9% 前日比(+12.3P)

●出来高状況
209,797万株(25日移動平均208,375万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+0.7%【前日比-2.7P)】

●サイコロジカルライン
50.0%(6勝6敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,658.1円 ( 当日株価との乖離率+1.3%  )  前日比+189.1円

④25日移動平均線
16,554.0円 ( 当日株価との乖離率+1.9%  )   前日比-14.4円

⑤75日移動平均線 
16,756.5円 ( 当日株価との乖離率+0.7%  )   前日比-28.1円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 18日  購入額            345億円
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額            345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額            336億円

✤4月購入額合計             2,133億円
4月までの購入累計額      8,630億円

✤買付枠未消化残
          24,370億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月19日 重要指標発表予定

14:30      日本    東京地区百貨店売上高(前年比)-3月
14:30      日本    全国百貨店売上高(前年比)-3月
17:00      欧州    経常収支[季調前]-2月
17:00      欧州    経常収支[季調済]-2月
18:00      欧州    建設支出(前年比)-2月
18:00      欧州    建設支出(前月比)-2月
21:30      米国    建設許可件数(前月比)-3月
21:30      米国    建設許可件数-3月
21:30      米国    住宅着工件数(前月比)-3月
21:30      米国    住宅着工件数-3月

2016年4月18日 (月)

4月18日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,275.95円  前日比-572.08円

☆25D正味増減-662.92円

●騰落銘柄数
・値上がり数
209

・値下がり数
1,696

騰落レシオ
94.97% 前日比(-9.69P)

●RSI
37.7% 前日比(-7.2P)

●出来高状況
218,206万株(25日移動平均211,029万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+3.4%【前日比+10.3P)】

●サイコロジカルライン
41.7%(5勝7敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,469.0円 ( 当日株価との乖離率-1.2%  )  前日比+105.0円

④25日移動平均線
16,568.4円 ( 当日株価との乖離率-1.8%  )   前日比-26.5円

⑤75日移動平均線 
16,784.6円 ( 当日株価との乖離率-3.0%  )   前日比-34.6円

空売り比率状況(4月15日時点)

【4月15日時点】

●注文合計 2,668,985百万円

実注文 
1,664,980百万円 62.4%
----------------------
空売り(価格規制あり)
877,218百万円  32.9%

空売り(価格規制なし)
126,787百万円 4.8%
空売り合計1,004,005百万円 37.6%   
※30%台へ。
-----------------------------------

【前回の状況】

●注文合計 3,281,912百万円

実注文 
1,973,408百万円 60.1%
----------------------
空売り(価格規制あり)
1,079,193百万円  32.9%

空売り(価格規制なし)
229,311百万円 7.0%
空売り合計1,308,504百万円 39.9%   
※30%台へ。
-----------------------------------

一般的に、「空売り比率」が30%台に乗せてくれば相場はボトムアウト、逆に20%を下回り、18~19%程度になるとピークアウトを示唆するとみられています。

空売りは将来必ず買い戻す必要があります。また、制度信用取引なら6カ月以内という期限付きです。このため、「空売り比率」が大きいということは、今後、ショートカバー(空売りの買戻し)が入りやすく相場が上昇し易いということを意味しています。

4月15日時点における市場指標

【4月15日時点における指標】

◉日経平均株価   16,848.03円(前回と比較して+678.57円)

◉日経平均予想EPS  1,103.34円 (前回と比較して-16.06円)

◉日経平均予想BPS  14,909.76円  

◉日経平均予想PER   15.27倍

◉日経平均予想PBR    1.13倍

◉ROE         7.40%  

❒PERより見る目標株価

★PER15.5倍の場合 17,101.7円

★PER16.5倍の場合 18,205.11円

《参考》

【4月1日時点における指標】

◉日経平均株価   16,164.16円(前回と比較して-952.91円)

◉日経平均予想EPS  1,119.40円 (前回と比較して-53.0円)

◉日経平均予想BPS  15,106.69円  

◉日経平均予想PER   14.44倍

◉日経平均予想PBR    1.07倍

◉ROE         7.40%  

❒PERより見る目標株価

★PER15.5倍の場合 17,350.7円

★PER16.5倍の場合 18,470円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 15日  購入額            345億円
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,788億円
4月までの購入累計額      8,285億円

✤買付枠未消化残
          24,715億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月18日 重要指標発表予定

7:45      NZ    消費者物価指数(前年比)-1Q
23:00      米国    NAHB住宅市場指数-4月

2016年4月15日 (金)

4月15日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,848.035円  前日比-63.02円

☆25D正味増減-4.32円

●騰落銘柄数
・値上がり数
565

・値下がり数
1,262

騰落レシオ
104.66% 前日比-10.35P)

●RSI
44.9% 前日比(-3.5P)

●出来高状況
198,537万株(25日移動平均213,347万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率 -6.9%【前日比-24.3P)】

●サイコロジカルライン
41.7%(5勝7敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,364.0円 ( 当日株価との乖離率+3.0%  )  前日比+205.3円

④25日移動平均線
16,594.9円 ( 当日株価との乖離率+1.5%  )   前日比-0.2円

⑤75日移動平均線 
16,819.2円 ( 当日株価との乖離率+0.2%  )   前日比-25.6円

投資主体別売買動向 直近週

直近週( 4月 第1週) 
⦿全体の状況+273,272
「買い越し」継続)。
※海外投資家は買い越しに転じた!

海外投資家                   +32,622  
生損保                         ▲4,020
銀行                     ▲14,734
信託銀行                  +154,198
その他金融                   +5,765
事業法人                   +37,599
その他法人                  +9,354
投信                      +41,367
個人                         +1,081
(内信用)                 ( ▲17,1022) 
✤①海外投資家は「買い越し」転換。
✤②個人は「買い越し」継続。
✤③信託銀行は「買い越し」転換。
✤④事業法人は「買い越し」継続。

※参考
❒前週
⦿
全体の状況+35,205
「買い越し」転換)。
※海外投資家の売り越しは13週連続となったが、直近週の「売り越し額は79億円にとどまった!

海外投資家                    ▲7,942 
生損保                         ▲44,319
銀行                       ▲6,494
信託銀行                   ▲58,101
その他金融                      +784
事業法人                        +853
その他法人                 +10,992
投信                      +28,746
個人                      +110,685
(内信用)                   (+60,220) 
✤①海外投資家は「売り越し」継続。
✤②個人は「買い越し」転換。
✤③信託銀行は「売り越し」転換。
✤④事業法人は「買い越し」継続。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 14日  購入額              12億円
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,443億円
4月までの購入累計額      7,940億円

✤買付枠未消化残
          25,060億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月15日 重要指標発表予定

11:00      中国    小売売上高[年初来](前年比)-3月
11:00      中国    鉱工業生産[年初来](前年比)-3月
11:00      中国    鉱工業生産(前年比)-3月
11:00      中国    実質GDP(前年比)-1Q
11:00      中国    小売売上高(前年比)-3月
11:00      中国    実質GDP(前期比)-1Q
13:30      日本    稼働率指数(前年比)-2月
13:30      日本    鉱工業生産(前年比)-2月
13:30      日本    鉱工業生産(前月比)-2月
15:00      欧州    新車登録台数[EU-27](前年比)-3月
18:00      欧州    貿易収支-2月
18:00      欧州    貿易収支[季調済]-2月
22:15      米国    鉱工業生産(前月比)-3月
22:15      米国    設備稼働率-3月
5:00      米国    対米証券投資[ネット長期TICフロー]-2月
5:00      米国    対米証券投資[ネットTICフロー]-2月

2016年4月14日 (木)

75Ma乖離率プラスに

本日も大幅高となり、25日移動平均線、75日移動平均線を上回ってきた。
また、75Ma乖離率は+0.4%となったが、これは1月4日に▲582.73円の18450.98となって以来、72日ぶりのことである。

当面の戻りのメドとしては、3月14日高値(17,291.35)となるが、抜けきれないと、調整に進むことになりそうです。反面これを抜けると、4月8日安値(15,471.80)が2月12日安値(14,865.77)に対する二番底となり、踏み上げ相場に入る可能性が大となります。

4月14日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,911.05円  前日比+529.83円

☆25D正味増減+268.85円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,797

・値下がり数
125

騰落レシオ
115.01% 前日比+13.02P)

●RSI
48.4% 前日比(+8.8P)

●出来高状況
250,273万株(25日移動平均213,339万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離+17.3%【前日比+11.1P)】

●サイコロジカルライン
41.7%(5勝7敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,158.7円 ( 当日株価との乖離率+4.7%  )  前日比+232.2円

④25日移動平均線
16,595.1円 ( 当日株価との乖離率+1.9%  )   前日比+10.8円

⑤75日移動平均線 
16,844.8円 ( 当日株価との乖離率+0.4%  )   前日比-25.0円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 13日  購入額              12億円
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額            345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,431億円
4月までの購入累計額      7,928億円

✤買付枠未消化残
          25,072億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月14日 重要指標発表予定

13:00      日本    首都圏新規マンション発売(前年比)-3月
18:00      欧州    消費者物価指数[コア](前年比)-3月
18:00      欧州    消費者物価指数(前年比)-3月
18:00      欧州    消費者物価指数(前月比)-3月
21:30      米国    消費者物価指数[コア](前年比)-3月
21:30      米国    消費者物価指数[コア](前月比)-3月
21:30      米国    消費者物価指数(前月比)-3月
21:30      米国    失業保険継続受給者数-4/2
21:30      米国    新規失業保険申請件数-4/9
21:30      米国    消費者物価指数(前年比)-3月

2016年4月13日 (水)

4月13日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,381.22円  前日比+452.43円

☆25D正味増減-401.93円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,683

・値下がり数
195

騰落レシオ
101.99% 前日比+10.78P)

●RSI
39.6% 前日比(+14.9P)

●出来高状況
225,541万株(25日移動平均212,325万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離+6.2%【前日比+6.1P)】

●サイコロジカルライン
33.3%(4勝8敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,926.5円 ( 当日株価との乖離率+2.9%  )  前日比+133.2円

④25日移動平均線
16,584.3円 ( 当日株価との乖離率-1.2%  )   前日比-16.1円

⑤75日移動平均線 
16,869.9円 ( 当日株価との乖離率-2.9%  )   前日比-33.4円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月 12日  購入額              12億円
✤ 4月 11日  購入額             345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,419億円
4月までの購入累計額      7,916億円

✤買付枠未消化残
          25,084億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月13日 重要指標発表予定

8:50      日本    マネーストックM2(前年比)-3月
8:50      日本    国内企業物価指数(前月比)-3月
8:50      日本    マネーストックM3(前年比)-3月
8:50      日本    国内企業物価指数(前年比)-3月
15:00      ドイツ 卸売物価指数(前年比)-3月
15:00      ドイツ 卸売物価指数(前月比)-3月
18:00      欧州    鉱工業生産(前年比)-2月
18:00      欧州    鉱工業生産(前月比)-2月
20:00      米国    MBA住宅ローン申請指数(前週比)-4/8
21:30      米国    生産者物価指数(前年比)-3月
21:30      米国    生産者物価指数[コア](前月比)-3月
21:30      米国    生産者物価指数[コア](前年比)-3月
21:30      米国    小売売上高(前月比)-3月
21:30      米国    小売売上高[除自動車](前月比)-3月
21:30      米国    生産者物価指数(前月比)-3月
23:00      米国    企業在庫(前月比)-2月
時間未定  中国    貿易収支-3月

2016年4月12日 (火)

4月12日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,928.79円  前日比+177.66円

☆25D正味増減-982.53円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,331

・値下がり数
515

騰落レシオ
91.22% 前日比+3.81P)

●RSI
24.8% 前日比(+7.3P)

●出来高状況
213,832万株(25日移動平均213,488万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離+0.2%【前日比+14.7P)】

●サイコロジカルライン
33.3%(4勝8敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,754.1円 ( 当日株価との乖離率+0.9%  )  前日比+39.2円

④25日移動平均線
16,600.4円 ( 当日株価との乖離率-4.0%  )   前日比-39.3円

⑤75日移動平均線 
16,90.33円 ( 当日株価との乖離率-5.8%  )   前日比-39.8円

4月12日 重要指標発表予定

15:00      日本    工作機械受注(前年比)-3月
15:00      ドイツ  消費者物価指数(前月比)-3月
15:00      ドイツ  消費者物価指数(前年比)-3月
15:00      ドイツ  調和消費者物価指数(前年比)-3月
15:00      ドイツ  調和消費者物価指数(前月比)-3月
19:00      米国    NFIB中小企業楽観指数-3月
21:30      米国    輸入物価指数(前月比)-3月
21:30      米国    輸入物価指数(前年比)-3月
3:00      米国    財政収支-3月

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月  9日 購入額             345億円
✤ 4月  8日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,407億円
4月までの購入累計額      7,904億円

✤買付枠未消化残
          25,096億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月11日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,751.13円  前日比-70.39円

☆25D正味増減-1,263.65円

●騰落銘柄数
・値上がり数
698

・値下がり数
1,116

騰落レシオ
87.41% 前日比(-5.51P)

●RSI
17.5% 前日比-12.4P)

●出来高状況
182,657万株(25日移動平均213,803万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離-14.6%【前日比-11.9P)】

●サイコロジカルライン
33.3%(4勝8敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,754.1円 ( 当日株価との乖離率-0.0%  )  前日比-74.4円

④25日移動平均線
16,639.7円 ( 当日株価との乖離率-5.3%  )   前日比-50.5円

⑤75日移動平均線 
16,943.1円 ( 当日株価との乖離7.0%  )   前日比-43.1円

2016年4月11日 (月)

空売り比率状況(4月8日時点)

【4月8日時点】

●注文合計 3,281,912百万円

実注文 
1,973,408百万円 60.1%
----------------------
空売り(価格規制あり)
1,079,193百万円  32.9%

空売り(価格規制なし)
229,311百万円 7.0%
空売り合計1,308,504百万円 39.9%   
※30%台へ。
-----------------------------------

【前回の状況】

●注文合計 3,443,441百万円

実注文 
1,967,835百万円  57.1%
----------------------
空売り(価格規制あり)
1,275,536百万円  37.0%

空売り(価格規制なし)
200,070百万円 5.8%
空売り合計1,475,606百万円 42.9%   
※再び40%台へ。
-----------------------------------

一般的に、「空売り比率」が30%台に乗せてくれば相場はボトムアウト、逆に20%を下回り、18~19%程度になるとピークアウトを示唆するとみられています。

空売りは将来必ず買い戻す必要があります。また、制度信用取引なら6カ月以内という期限付きです。このため、「空売り比率」が大きいということは、今後、ショートカバー(空売りの買戻し)が入りやすく相場が上昇し易いということを意味しています。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,062億円
4月までの購入累計額      7,559億円

✤買付枠未消化残
          25,441億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月11日 重要指標発表予定

8:50      日本    機械受注(前月比)-2月
8:50      日本    機械受注(前年比)-2月
10:30      中国    生産者物価指数(前年比)-3月
10:30      中国    消費者物価指数(前年比)-3月

2016年4月 8日 (金)

底入れ感はまだ・・・・

5日移動平均線をわずであるが抜くことはできなかつた。従ってこの段階で「底入れ感」は出ていない。
しかし、SQ分を除く実質の商いは低調で大規模な売り圧力の「一巡感」もある。

4月8日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,821.52円  前日比+71.68円

☆25D正味増減-1,138.64円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,388

・値下がり数
464

騰落レシオ
92.91% 前日比(-0.28P)

●RSI
29.9% 前日比+4.8P)

●出来高状況
250,458万株(25日移動平均217,107万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離-2.7%【前日比+0.9P)】

●サイコロジカルライン
33.3%(4勝8敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,828.6円 ( 当日株価との乖離率-0.0%  )  前日比-68.5円

④25日移動平均線
16,690.2円 ( 当日株価との乖離率-5.2%  )   前日比-45.5円

⑤75日移動平均線 
16,986.3円 ( 当日株価との乖離-6.9%  )   前日比-47.1円

不用意な発言

先述のとおり、2月の国会答弁における、安倍首相の「円高容認」発言に続き、5日のウォールストリート紙のインタビューでも安倍首相は「外国為替市場での恣意的な介入は控えるべきだ」と発言しました。

これらの発言によって、「政府の円高歓迎」と受けとられ、一段と円高進行しました。輸出産業にとっては、「人災」がもたらした問題となりました。

「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」・・・・この言葉を噛みしめて、今後に対応してほしいものです。

投資主体別売買動向 直近週

直近週( 3月 第5週) 
⦿全体の状況+35,205
「買い越し」転換)。
※海外投資家の売り越しは13週連続となったが、直近週の「売り越し額は79億円にとどまった!

海外投資家                    ▲7,942 
生損保                         ▲44,319
銀行                       ▲6,494
信託銀行                   ▲58,101
その他金融                      +784
事業法人                        +853
その他法人                 +10,992
投信                      +28,746
個人                      +110,685
(内信用)                   (+60,220) 
✤①海外投資家は「売り越し」継続。
✤②個人は「買い越し」転換。
✤③信託銀行は「売り越し」転換。
✤④事業法人は「買い越し」継続。

※参考
❒前々週
⦿全体の状況-45,228(「売り越し」継続)。

海外投資家               ▲204,289 
生損保                         ▲14,272
銀行                     ▲4,470
信託銀行                    +183,111
その他金融                  +9,337
事業法人                  ▲23,224
その他法人                 +21,079
投信                     +8,043
個人                     ▲20,543
(内信用)                (▲21,074) 
✤①海外投資家は「売り越し」継続。
✤②個人は「売り越し」転換。
✤③信託銀行は「買い越し」継続。
✤④事業法人は「売り越し」転換。

新型ETFの効果

4月4日よりスタートした「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」は昨日も12億円実施されました。

年間3000億円の買い入れ枠ですから、月間では250億円。1日当たりで12億円ということになります。
この対象となる銘柄はある程度限られていると思いますので、、特定の銘柄への継続した買いは効果があるかもしれません。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月  7日 購入額             345億円
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計              1,050億円
4月までの購入累計額      7,547億円

✤買付枠未消化残
          25,453億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月8日 重要指標発表予定

8:50      日本    国際収支[貿易収支]-2月
8:50      日本    国際収支[経常収支]-2月
13:30      日本    企業倒産件数(前年比)-3月
14:00      日本    消費者態度指数-3月
15:00      日本    景気ウォッチャー調査[現状判断DI]-3月
15:00      ドイツ 貿易収支-2月
15:00      ドイツ 経常収支-2月
15:00      日本    景気ウォッチャー調査[先行き判断DI]-3月
23:00      米国    卸売売上高(前月比)-2月
23:00      米国    卸売在庫(前月比)-2月

2016年4月 7日 (木)

8日続落は回避したが・・・

為替が109円割れしたが、どうにかプラスで引けました。昨日もそうだったが、下値の堅さはある程度示したが、底入れ感とまではいっていない。

「大陽線」が現れるなど、底入れを示すシグナルが出るまでは時間がかかりそうである。

当面の下値は1万5500円の心理的節目がめどになる。

4月7日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,749.84円  前日比+34.48円

☆25D正味増減-996.71円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,023

・値下がり数
776

騰落レシオ
93.19% 前日比(-6.23P)

●RSI
25.1% 前日比+1.4P)

●出来高状況
211,241万株(25日移動平均218,066万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離-3.1%【前日比-0.9P)】

●サイコロジカルライン
25.0%(3勝9敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
15,897.1円 ( 当日株価との乖離率-0.9%  )  前日比-201.8円

④25日移動平均線
16,735.8円 ( 当日株価との乖離率-5.9%  )   前日比-39.9円

⑤75日移動平均線 
17,033.3円 ( 当日株価との乖離-7.5%  )   前日比-44.0円

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3,000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月  6日 購入額              12億円
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計                705億円
4月までの購入累計額      7,202億円

✤買付枠未消化残
          25,798億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月7日 重要指標発表予定

15:45      フランス 経常収支-2月
15:45      フランス 貿易収支-2月
20:30      欧州    欧州中銀、議事要旨公表[3月10日分]-3月
21:30      米国    新規失業保険申請件数-4/2
21:30      米国    失業保険継続受給者数-3/26
4:00      米国    消費者信用残高-2月

2016年4月 6日 (水)

4月6日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,715.36円  前日比-17.46円

☆25D正味増減-370.15円

●騰落銘柄数
・値上がり数
730

・値下がり数
1,083

騰落レシオ
99.42% 前日比(-2.15P)

●RSI
23.7% 前日比+1.2P)

●出来高状況
214,727万株(25日移動平均219576万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離-2.2%【前日比-3.8P)】

●サイコロジカルライン
25.0%(3勝9敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,098.9円 ( 当日株価との乖離率-2.4%  )  前日比-232.7円

④25日移動平均線
16,775.7円 ( 当日株価との乖離率-6.3%  )   前日比-14.8円

⑤75日移動平均線 
17,077.3円 ( 当日株価との乖離-8.0%  )   前日比-38.0円

アベノミクスの正念場

日経平均は7日続落。7日連続安は、約3年5カ月ぶりであり、「アベノミクス相場」開始以降、連続安日の記録としては最長となった。

為替が一時109円台となり、2014年10月下旬以 来の水準まで円高が進行した。

なぜこの時期に、これだけの円高か?検証してみると、2月の国会答弁で安倍首相が「リスクオフで円高になっているのは、ある意味日本経済が信認されている表れ」という発言をしています。
これは、ある意味では政府による「円高歓迎」発言と受け取られても仕方ないものです。

あまりにも不用意な発言です。
構造改革、規制緩和、法人税改革等々・・・小手先のことばかりで、抜本的な政策を打ってこなかった政治の責任です!

輸出産業の損益悪化が予想される段階になっても、政治は高みの見物なのか・・・
認識の薄さにただただ呆れるばかりである。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。
※4月4日より「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 がスタートしました。年間枠は3000億円です。

■4月度購入状況
✤ 4月  5日 購入額             345億円
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計                693億円
4月までの購入累計額      7,190億円

✤買付枠未消化残
          25,810億円
❖2016年度の月別状況

❒3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月6日 重要指標発表予定

14:00      日本    景気先行CI指数-2月
14:00      日本    景気一致CI指数-2月
15:00      ドイツ 鉱工業生産(前年比)-2月
15:00      ドイツ 鉱工業生産(前月比)-2月
20:00      米国    MBA住宅ローン申請指数(前週比)-4/1
3:00      米国    FOMC議事録公表[3月15-16日分]

2016年4月 5日 (火)

4月5日 騰落他指数

●日経平均株価終値
15,732.82円  前日比-390.45円

☆25D正味増減-293.94円

●騰落銘柄数
・値上がり数
43

・値下がり数
1,896

騰落レシオ
101.57% 前日比(-4.97P)

●RSI
22.5% 前日比(-2.7P)

●出来高状況
223,387万株(25日移動平均219,885万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+1.6%【前日比+8.0P)】

●サイコロジカルライン
25.0%(3勝9敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,331.6円 ( 当日株価との乖離率-3.7%  )  前日比-274.1円

④25日移動平均線
16,790.5円 ( 当日株価との乖離率-6.3%  )   前日比-11.8円

⑤75日移動平均線 
17,1115.4円 ( 当日株価との乖離-8.1%  )   前日比-42.0円

新型ETFスタート

「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」 というもので、年間枠は3000億円です。

月間単位では250億円規模となります。

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。

■4月度購入状況
✤ 4月  4日 購入額              12億円
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計                348億円
4月までの購入累計額       6,845億円

✤買付枠未消化残
          26,155億円
❖2016年度の月別状況
3月までの購入累計額   6,497億円
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月5日 重要指標発表予定

9:00      日本    毎月勤労統計[現金給与総額](前年比)-2月
15:00      ドイツ 製造業受注(前年比)-2月
15:00      ドイツ 製造業受注(前月比)-2月
16:55      ドイツ 非製造業PMI-3月
17:00      欧州    非製造業PMI-3月
17:00      欧州    総合PMI-3月
18:00      欧州    小売売上高(前年比)-2月
18:00      欧州    小売売上高(前月比)-2月
21:30      米国    貿易収支-2月
22:45      米国    総合PMI-3月
22:45      米国    非製造業PMI-3月
23:00      米国    ISM非製造業景況指数[総合]-3月
23:00      米国    IBD/TIPP景気楽観指数-4月

2016年4月 4日 (月)

4月4日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,123.27円  前日比-40.89円

☆25D正味増減-65.14円

●騰落銘柄数
・値上がり数
1,251

・値下がり数
600

騰落レシオ
106.54% 前日比(+2.18P)

●RSI
25.2% 前日比(-9.2P)

●出来高状況
206,849万株(25日移動平均220,921万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率-6.4%【前日比-22.9P)】

●サイコロジカルライン
25.0%(3勝9敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,605.7円 ( 当日株価との乖離率-2.9%  )  前日比-202.2円

④25日移動平均線
16,802.2円 ( 当日株価との乖離率-4.0%  )   前日比-2.6円

⑤75日移動平均線 
17,157.4円 ( 当日株価との乖離-6.0%  )   前日比-41.4円

空売り比率状況(4月1日時点)

【4月11日時点】

●注文合計 3,443,441百万円

実注文 
1,967,835百万円  57.1%
----------------------
空売り(価格規制あり)
1,275,536百万円  37.0%

空売り(価格規制なし)
200,070百万円 5.8%
空売り合計1,475,606百万円 42.9%   
※再び40%台へ。
-----------------------------------

【前回の状況】

●注文合計 2,205,590百万円

実注文 
1,369,498百万円  62.1%
----------------------
空売り(価格規制あり)
705,190百万円  32.0%

空売り(価格規制なし)
130,902百万円 5.9%
空売り合計836,092百万円 37.9%   
※30%台へ。
-----------------------------------

一般的に、「空売り比率」が30%台に乗せてくれば相場はボトムアウト、逆に20%を下回り、18~19%程度になるとピークアウトを示唆するとみられています。

空売りは将来必ず買い戻す必要があります。また、制度信用取引なら6カ月以内という期限付きです。このため、「空売り比率」が大きいということは、今後、ショートカバー(空売りの買戻し)が入りやすく相場が上昇し易いということを意味しています。

4月1日時点における市場指標

【4月1日時点における指標】

◉日経平均株価   16,164.16円(前回と比較して-952.91円)

◉日経平均予想EPS  1,119.40円 (前回と比較して-53.0円)

◉日経平均予想BPS  15,106.69円  

◉日経平均予想PER   14.44倍

◉日経平均予想PBR    1.07倍

◉ROE         7.40%  

❒PERより見る目標株価

★PER15.5倍の場合 17,350.7円

★PER16.5倍の場合 18,470円

《参考》

【3月15日時点における指標】

◉日経平均株価   17,117.07円(前回と比較して+1,094.49円)

◉日経平均予想EPS  1,172.040円 (前回と比較して+31.65円)

◉日経平均予想BPS  15,147.84円  

◉日経平均予想PER   14.60倍

◉日経平均予想PBR    1.13倍

◉ROE         7.73%  

❒PERより見る目標株価

★PER15.5倍の場合 17,676円

★PER16.5倍の場合 18,816円

日銀ETF買い入れ効果

3月度がせっかく戻り歩調であった株式市場であったが、ETFの買いい入れは3月9日以降パタリと止まってしまった。
闇雲に市場に介入してほしいとは思わないが、考え方に首尾一貫したものを持ってもらいたいものだ!

基準があってないようなものだ!
もっとも「金融緩和」以外の「経済政策」が論じられない政治の貧困さが一番問題であるが・・・・

4月度 日銀ETF買い入れ状況

⦿2016年は指数連動型上場投資信託(ETF)3.3兆円の購入が予定されています。

■4月度購入状況
✤ 4月  1日 購入額             336億円

✤4月購入額合計                336億円
3月までの購入累計額       6,833億円

✤買付枠未消化残
          26,167億円
❖2016年度の月別状況
✤3月購入額合計       672億円【2回】
✤2月購入額合計     2,640億円【8回】
✤1月購入額合計    3,185億円【9回】

 【参考】2015年度の月別状況
✤1月購入額合計   3,443億円【10回】
✤2月購入額合計    1,322億円【4回】
✤3月購入額合計    2,464億円【7回】
✤4月購入額合計    2,907億円【8回】
✤5月購入額合計    2,170億円【6回】
✤6月購入額合計    4,431億円【12回】(※月間購入額・回数として過去最高。)
✤7月購入額合計    2,592億円【8回】 
✤8月購入額合計    3,020億円【9回】
✤9月購入額合計    2,556億円【8回】  
✤10月購入額合計    336億円【1回】
✤11月購入額合計   2,870億円【8回】
✤12月購入額合計   2,583億円【7回】
2015年度購入累計額  30,694億円

4月4日 重要指標発表予定

8:50      日本    マネタリーベース(前年比)-3月
18:00      欧州    生産者物価指数(前年比)-2月
18:00      欧州    失業率-2月
18:00      欧州    生産者物価指数(前月比)-2月
23:00      米国    労働市場情勢指数-3月
23:00      米国    耐久財受注[除輸送用機器](前月比)-2月
23:00      米国    製造業受注指数(前月比)-2月
23:00      米国    耐久財受注(前月比)-2月

2016年4月 1日 (金)

4月1日 騰落他指数

●日経平均株価終値
16,164.16円  前日比-594.51円

☆25D正味増減+23.82円

●騰落銘柄数
・値上がり数
70

・値下がり数
1,860

騰落レシオ
104.36% 前日比(-4.07P)

●RSI
34.5% 前日比(-13.2P)

●出来高状況
2257,927万株(25日移動平均221,299万株)。

☆25日出来高移動平均との乖離率+16.6%【前日比+15.7P)】

●サイコロジカルライン
25.0%(3勝9敗)

●移動平均線状況
①5日移動平均線 
16,807.9円 ( 当日株価との乖離率-3.8%  )  前日比-167.7円

④25日移動平均線
16,804.8円 ( 当日株価との乖離率-3.8%  )   前日比+1.0円

⑤75日移動平均線 
17,198.8円 ( 当日株価との乖離-6.0%  )   前日比-38.4円

投資主体別売買動向 3月第4週

直近週( 3月 第4週) 
⦿全体の状況-45,228(
「売り越し」継続)。

海外投資家               ▲204,289 
生損保                         ▲14,272
銀行                     ▲4,470
信託銀行                    +183,111
その他金融                  +9,337
事業法人                  ▲23,224
その他法人                 +21,079
投信                     +8,043
個人                     ▲20,543
(内信用)                (▲21,074) 
✤①海外投資家は「売り越し」継続。
✤②個人は「売り越し」転換。
✤③信託銀行は「買い越し」継続。
✤④事業法人は「売り越し」転換。

※参考
❒前々週
⦿
全体の状況-894,867(
「買い越し」継続)。

海外投資家               ▲1,199,2038(表面的には過去最大)
生損保                         ▲27,223
銀行                         +8,412
信託銀行                    +73,685
その他金融                  +14,970
事業法人                    +33,390
その他法人                 +13,508
投信                     ▲22,254
個人                      +203,849
(内信用)                (+121,253) 
✤①海外投資家は「売り越し」継続。
✤②個人は「買い越し」転換。
✤③信託銀行は「買い越し」継続。
✤④事業法人は「買い越し」転換。

4月1日 重要指標発表予定

8:50      日本    日銀短観[大企業非製造業先行き]-1Q
8:50      日本    日銀短観[大企業製造業先行き]-1Q
8:50      日本    日銀短観[大企業製造業業況判断]-1Q
8:50      日本    日銀短観[大企業非製造業業況判断]-1Q
8:50      日本    日銀短観[大企業全産業 設備投資](前年比)-1Q
10:00      中国    非製造業PMI-3月
10:00      中国    製造業PMI-3月
14:00      日本    自動車販売台数(前年比)-3月
16:55      ドイツ 製造業PMI-3月
17:00      欧州    製造業PMI-3月
18:00      欧州    失業率-2月
21:30      米国    平均時給(前年比)-3月
21:30      米国    失業率-3月
21:30      米国    平均時給(前月比)-3月
21:30      米国    非農業部門雇用者数-3月
21:30      米国    製造業雇用者数-3月
22:45      米国    製造業PMI-3月
23:00      米国    建設支出(前月比)-2月
23:00      米国    ISM支払価格-3月
23:00      米国    ISM製造業景況指数-3月

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »