フォト
無料ブログはココログ

人気ブログランキング


にほんブログ村

人気ブログランキング

« 空売り比率状況 6月24日時点 | トップページ | 6月27日 騰落他指数 »

2016年6月27日 (月)

違った観点から考えてみる

政府日銀による「物価目標」とは裏腹に急激な為替変動の影響もあり、                        
デフレ基調の完全復活です。                        

この一年間でおよそそ20円以上もも円高になりました。
輸入物価は単純に2割ほど下がっていることになります。

企業にとってみれば、この環境下での売上高の伸びは期待できませんので、                        
利益を直撃します。
当然輸出においても売上高減少になりますので、これも利益減少要因となります。

トヨタ自動車などは、今の為替が継続した場合数千億円の利益減少となります。
安易な金融政策にだけ頼る姿勢ではなく、抜本的な経済政策を早期に明示できないかぎり、
本格的な上昇は望めないのではないでしょうか。
企業も為替で一喜一憂しなくてもよい方向性を経営において進めていくべきではないだろうか?                        

投資においては、円高で利益増加となる企業の研究をもつとすすめたいものです。。                        
①水産会社:水産物を輸入していますので明らかにプラス。                        
②製造業:海外生産基盤の確立がそれている企業。(ex:富士通ゼネラルなど)                        

« 空売り比率状況 6月24日時点 | トップページ | 6月27日 騰落他指数 »

マネー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974740/66227358

この記事へのトラックバック一覧です: 違った観点から考えてみる:

« 空売り比率状況 6月24日時点 | トップページ | 6月27日 騰落他指数 »